救急外来について

1年365日完全24時間体制で医師が常駐

当院は、二次救急病院として武蔵野市を中心とする地域の方々の生命を守るため、1年365日完全24時間体制で医師が常駐し、入院治療を必要とする重症の方を含めた救急患者様の受診を行っています。武蔵野市では年間約7000件の救急患者が病院に運ばれますが、内2500件以上の患者様を受け入れています。(緊急搬送患者数)迅速且つ確実、安心、安全、信頼の医療を提供し、患者様はもちろんご家族の方々へのサポートもきちんとできるように、日々つとめています。

※救急診療は、やむを得ない急病を診療するため応急的な処置を行うものです(当該疾患の専門医が診療にあたるとは限りません)。投薬も必要最小限になりますので、後日専門医に診てもらってください。
症状により重症者から診療する場合があるため、順番が前後することがあります。ご了承ください。

救急医療とは

救急医療とは、急病・怪我・災害など急な身体の疾患または損傷を受けた人々を診断・治療する事です。
救急医療体制は、患者の疾患・損傷により下図のように分かれています。

図:救急医療体制

当院の連携病院

武蔵野赤十字病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、東京都立広尾病院、杏林大学医学部付属病院

担当医診療カレンダー

  • 定期健診のご案内